FC2ブログ
2018.10.  123456789101112131415161718192021222324252627282930 2018.12.
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )
京都アール・デコ

小林かいちの絵にウットリしっぱなし。
で、結局こっちも買ってしまった。
思ってたより絵も多くて画集として十分楽しめる。
絵封筒より絵葉書の方がデザイン含めて見れる要素が大きいので更に良い。
基本的に悲しげor寂しげな女の人の絵が多いのに
見てると何故かホンワリするのが不思議。
そして、やはり教会の出て来る絵は懐かしくなる。何でだろう?

この本は2007年のもの。
この時まだ経歴不明のまぼろしの画家だったってのがまた凄い。

小林かいちの世界―まぼろしの京都アール・デコ小林かいちの世界―まぼろしの京都アール・デコ
(2007/06)
山田 俊幸永山 多貴子

商品詳細を見る


( 2009.09.13 ) ( 熱中! ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
コメント

コメントする?












 秘密コメント

トラックバック
トラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。